読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむい

睡魔と戦うのに忙しいので労働は別な人に任せたい

アドベントカレンダーを書こう!

今回はアドベントカレンダーについて書きます。


アドベントカレンダーとは?

アドベントカレンダー(Advent calendar)は、クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用されるカレンダーである。

アドベントカレンダー - Wikipedia


クリスマスを楽しく待とう!といった主旨のカレンダーですね。
クリスマスツリーや家の形をしたカレンダーにプレゼントを付けて、それを1日ずつ開封しながらクリスマス当日を心待ちにするものです。

ブログを書こう

アドベントカレンダーをブログでやろうという風習もあり、様々なサービスがアドベントカレンダーのイベントを実施しています。
今回はAdventar.orgについて取り上げます。


www.adventar.org

Adventarは自由なテーマでカレンダーを作成する事ができます。
テーマの幅の広さは、ためになりそうなものから笑ってしまうようなものまで様々です。
様々すぎて分散・埋没している印象はありますが…。
また、記事の数に制限はありませんから、1人でどれだけ記事を書いても構いません。
1人で1つのカレンダーを埋めているものも多く見られます。

ちなみに、私もいくつかのカレンダーで書きます。
当日をお楽しみに。

年に一度のお祭り

このアドベントカレンダーを私は"ブログのコミケ"と勝手に呼んでいます。
年に1度、この時期しかブログ等を更新しない人やこのイベントのためにブログを開設して思いの丈を綴る。
テーマさえ合えば、何を書いてもよく、制限やノルマもありません。
しかも、読者も一定数は居る。少なくとも、ポツンとブログを書くよりはずっと見てもらえる人が多いです。
このような状態が、まさにコミケのような状態に類似していると思っています。
表現したい事を表現するための場が用意されているという事は、素晴らしい事です。

まとめ

まとめると、ブログを書こうという事ですね。
Twitterでも良いんですが、Twitterって準備して書くって事少ないと思うんですよ。
それに、ネタと日付を決めて書くということもTwitterには不向きですよね。
ブログだと記事が独立しますから閲覧も楽です。
それに、ブログは無意識で"書き続けなければいけない"というプレッシャーを感じてしまうと思いますが、イベントの時だけ更新と考えれば、ずっと気が楽になりますよね。

その時だけのブログでも良いので、書きたいと思っていた事、考えていた事を表現してみてはいかがでしょうか。


niche.hateblo.jp