読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむい

睡魔と戦うのに忙しいので労働は別な人に任せたい

にっちもさっちもいかない百合

ななしのアステリズム

様々な所で話題になっている『ななしのアステリズム』を読んでいます。

www.ganganonline.com

もう1話の冒頭から「予測可能回避不能」と言わんばかりの王道三角関係展開。
そりゃあもう、白鳥ちゃん優しいし鷲尾は格好良いし、琴岡は女子力高いしね!
みんな惚れてもしかたないよね!

鷲尾には苦しんでほしい

鷲尾が何か悪いことをしたってわけでもないですが、鷲尾には白鳥から向けられる感情に気づいて欲しいですね。
それでいて、自分の気持ちを諦めないで苦しんで欲しいです。
退くことも進むこともできず、意気地なしな自分と白鳥の気持ちに応えてやれない罪悪感でグチャグチャになってほしいですね。

なんでこんな事を思うのか。それは、私が思うに鷲尾が一番ずるいからです。
ずる賢そうというか、なんでもかんでもうまくやろうとしている所がずるいです。
それでいて、白鳥ちゃんには気安く「ありがとう」という言うんですよ!いい顔で!!
1話ラストの髪を褒めるシーンとか…もう…。地獄に堕ちて欲しい…。

でも琴岡ちゃんが一番真っ先に病みそうですね。
優しくしたら琴岡ちゃんから告白されたりしてほしいです。
それを鷲尾ちゃんが盗み聞きしててほしい…。

(6:47 追記)
7話まで読みました。予想通りの展開すぎて胸が苦しい。
お願いだからこれ以上、琴岡を苦しめないであげて欲しい…。
そして鷲尾はもうなんだ君は。

願わくばハッピーエンドになって欲しいですが3人の地獄のような三角関係も大切な日常なので、「友達」のままの日常が続いて欲しいですね。

にっちもさっちも

自分の感情をひた隠しにして苦しみつつも現状維持を続けるような百合には、どうぞ苦しんでくださいと思います。
そんな醜い感情もまた綺麗で心をワクワクさせてくれます。
嫉妬百合とか最高ですよね…。



『ななしのアステリズム』ではありませんが、先日TLで見かけた桐尾P様の絵が素晴らしかったので、僭越ながら紹介させていただきます。