読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむい

睡魔と戦うのに忙しいので労働は別な人に任せたい

正しいジャンルの乗り換え方

先ほどの記事と繋がる部分もありますが、「正しいジャンルの乗り換え方」について考えています。

きっかけは、SNSで絵描きさんが流行り作品のイラストばかり描いて以前描いていた作品の絵を描かなくなった事への否定的な意見なのですが、じゃあどうすればいいんだろうって思うんですよね。
詰まる所ジャング替えするなという話だと思うのですが、どうするのが正解なんですかね。
「このジャンルの絵は描ききったから別のジャンルに移ります」とかならOKなんですかね?
絵描きさん限定ではなく創作者全体のお話だと思います。

私は創作しないですし、流行り絵に批判的になったことも無いので、完全な第3者が妄想で好き勝手に言っている状態なのですが、モヤモヤします。
もし絵描きさんがジャンルを映らずに同じ絵ばかりを描いていたら、どうなるのでしょうね。
新しいアニメが始まっても絵が増えず、ずっと10年前や20年前の絵が溢れる社会。新作は過去作のリメイクばかり…。
これは少し言い過ぎだとしても、新しい作品が生まれている現状においてジャンルを変えるな、というのは無理があるように思います。
人が変化しないように圧力を与えていくやり方は、人の可能性を摘む行為ですから。

とはいえジャンルを変えたくなった場合、どうすれば受け取り手に変な事を言われずに済むんですかね。
正解は否定側の人しか知らないので、聴くならそっちなんですけどね。

書いてて自分でも「知らねえよ」って気分になってきましたね…。