読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむい

睡魔と戦うのに忙しいので労働は別な人に任せたい

聖地巡礼のこと

はじめに

どうも、はじめまして、こんにちは、こんばんは。
黄色と申します。

今回は「#おたく楽しい Advent Calendar 2016」に参加させていただくことになりました。
他のみなさんの記事を読むと、凄くパワフルで楽しくて愛に溢れた記事が多くてプレッシャーですが、
私なりの「おたく楽しい」を伝えられたらと思います。

www.adventar.org

聖地巡礼楽しい

記事のテーマは"聖地巡礼"です。
聖地巡礼は、作品の舞台になった場所に赴くことです。一種のロケ地巡り、つまり旅行です。
まさかの流行語大賞にランクインするなど、かなり一般的な言葉になってきたと思います。

聖地巡礼の楽しさは、人それぞれだと思います。
私の聖地巡礼の楽しみは「キャラの心境をより一層理解できること」です。

具体的にどういう事かを具体的なエピソードを交えて綴っていきます。

いつもこの場所で


f:id:yellowho:20161204195900j:plain

f:id:yellowho:20161204195918j:plain


この写真は、『たまゆらシリーズ』*1という作品の聖地となった広島県竹原市にある西方寺普明閣という建物です。
女子高生のメインキャラ達が幾度となくここを訪れては、何気ない会話、進路への悩みの相談、嬉しい事を共有する印象的な場所です。
私も同じ場所に立ち、同じ景色を見ることで、この景色の持つ力を実感しました。
見晴らしが良く、静かで、木や草の匂いに囲まれていて、とても落ち着ける空間です。
あまりの居心地の良さに2時間ほどゆっくりしてしまいました。
他のたまゆら聖地巡礼していたファンも方も同様にここでゆっくりしていく方が多く、キャラクター達の人柄の良さは、このような場所があるおかげなんだな…と感じました。


おわりに

私にとって、聖地巡礼は作品理解の手段の1つです。
足で現地に赴いて、食べて過ごして雰囲気を知る。
それがキャラを理解する手段の1つだと信じています。
あと、単純に旅行に行くのって楽しいですからね。
旅行に行く楽しさ + まだ見ぬ思い出の地に行く楽しさ。
それが私にとっての、聖地巡礼の楽しさですね。

*1:たまゆら』は佐藤順一監督のアニメ作品。女子高生4人組の日常を通して、人の交流の大切さを描く作品です。