読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむい

睡魔と戦うのに忙しいので労働は別な人に任せたい

「ことはゆ」公開イベント クリスマスパーティー 超簡易レポ

12/24に舞浜アンフィシアターにて行われた「ことはゆ」のイベントに参加してきました。
昼の部は公開録音により1月の配信前にレポを書くとネタバレになるので、夜の公演分のレポを書きたいと思います。

オープニング

はやみんが白い服で舞台袖から1人で登場。簡単に挨拶をし始めると、舞台真ん中の昇降装置からサンタ姿の寿さんとトナカイ姿のあおちゃんが登場。
はやみんの格好に"クリスマス感"が足りないと言って強制的にサンタのコスプレへ。可愛い。

ことはゆうじょう

3人のプライベート写真を大公開。100、タコパ、旅行の写真など。
20歳になって間もなくの頃の写真などを見て時代の流れを感じるなど。3人とも綺麗になりましたねえ…。

叩いて被ってじゃんけんぽん

この後のコーナーで使えるスペシャルなアイテムを賭けて、3人でリーグ戦の「叩いて被ってじゃんけんぽん」
叩く道具はピコピコハンマーだけど、なぜか被る道具はヘルメットではなくサンタの袋。
最初にことVSはで、寿さんとはやみんの勝負。
司会になったあおちゃんに、意気込みを聞かれる2人。
寿さん「じゃんけんは所詮、運ですから」
はやみん「運さえも凌駕してみせます」
この遊びをやったことの無いはやみんがじゃんけんに勝ったのにサンタの袋に飛びついてお手つき負け。

次にはVSゆで、はやみんとあおちゃんの勝負。2人の意気込みは
はやみん「じゃんけんは所詮、運ですから」
あおちゃん「運さえも凌駕してみせます」
はやみんのハンマーがあおちゃんのトナカイコスの角を折って勝利(カチューシャが取れただけ)

最後にことVSゆで、寿さんとあおちゃんの勝負。
あおちゃん「生え変わった角で勝ちます」
(寿さんの分は失念)
十数回に及ぶ激しい死闘の末、寿さんのハンマーがあおちゃんに届いて決着。

リーグ戦の結果、2勝した寿さんが優勝。
勝利のコメントは「じゃんけんは所詮、運ですから」

寿さんは商品として"なすりつけカード"と"巻き添えカード"を獲得

朗読劇

プライベートな写真を見せたりゲームをしたりと声優らしからぬ事ばかりだったので、声優力を見せつけるチャンス。
下記の配役で、ある少女の恋を応援する女神様の朗読劇がスタート。

3人のアドリブ満載で、あおちゃんはポケモンネタをぶっこみ(ホウオウ。せいなるほのおで50%の確率でやけどにできるし)
寿さんは、はやみんに「お兄ちゃん」という台詞を求められた際にカウンターでお手本を要求。結果的にはやみんだけじゃなくてあおちゃんも演ることに。可愛い。
あおちゃんはさらに『ラブプラス』の話題を出してはやみんから「オッス、愛花だよ」の台詞を引き出す(ありがとう、あおちゃん)

すごろく

朗読劇の後、舞台の中央にステージとカラーコーンが設置されてすごろくフィールドに。
全7つのマスを1~3の目のサイコロで進み、止まったマスに書いてある行動を取るゲーム。
最初にゴールに辿り着いた人には豪華景品ゲット。
マスの内訳は下記の通り

チェキ(1~2マス目)

このマスに止まったら、3人でチェキを取る。
ここで撮影されたチェキは、最後に座席抽選で観客にプレゼント。
マス以外でもはやみんがあおちゃんを撮影するなどして全7枚に。

台詞(3~4マス目)

ボックスから引いた恥ずかしい台詞を言うマス。
確実に巻き添えカードが使われ、結局全員言う。なぜか寿さん以外も巻き添えカードを使う。

カラオケ(5~6マス目)

舞台中央のステージ上でカラオケを歌う。
5マス目はアニソン、6マス目は他の2人の曲を歌うというお題。
歌ったセトリは下記の通り。
6マス目の歌は、1番が本人以外のデュエット、2番が本人という構成で客席は大盛り上がり。
ドラえもんのうた」はちょっとずっこけたけど、あの曲であんなに盛り上がったのは初めてだった。
はやみんの歌の上手さが改めて判った。歌のおねえさんになれる。

フリー(7マス目)

上記3つのマスのどれをやってもいいマス。
あおちゃんが止まり、「metamorphose」を歌う。

なお、4マス目以降から、あおちゃんが必ず出目を1にするように弄ったのでこのコーナーだけで1時間くらいやった。あおちゃんファインプレー。

最後は、イベントの偉い人から「次のサイコロの目は弄らないように」と言われ、はやみんが6マス目から2を出してゴール。
景品は「1回だけ月2更新にしてもいい権利」
来年のことはゆは、どこかが月2更新になるそうです。ありがとうセカンドショットさん!

プレゼント抽選会

座席に前のコーナーで撮影したチェキを配るコーナー。
自分は当たらなかったけど、当たった人おめでとう!

エンディング

最後に、カラオケマスでの盛り上がりの様子から、観客全員で「ジングルベル」を歌うことに。
1000人オーバーでの「ジングルベル」はたいへんな盛り上がりでした。HEY!

おまけ

イベントが長引いたおかげで、アンフィシアターから出る頃にちょうどディズニーランドの花火が見えて、いい思い出になりました。

おわりに

「ことはゆ」イベントは本当に昼も夜も大盛り上がりで、楽しかったです。
本当に自由…というか、自然に遊んでいる感じがして、3人の仲の良さが伝わってくるイベントでした。
セカンドショットさん、来年もイベントよろしくお願いします!